【熱中症】になりかけたとある休日の話

あら!もうすっかり7月になってしまいました。梅雨に入りしばらく経ちますが、ここ数日の新潟・・・暑すぎやしませんか?すでに、真夏を前にして、私は気が滅入ってしまいそうです。

実はですね、今週のお休みに、カーブドッチヴィネスパさんに1人で出かけたんです。スマホやパソコンばかり見ている毎日でなんか疲れちゃって(笑)新潟駅から無料の送迎シャトルバス(前日までの予約制)が出ているので、片道50分乗っているだけで着いてしまう。現地でお酒も飲めちゃう。ありがたいですよね〜〜〜♪

しかしですね、そのバスの中で、軽く熱中症になりかけてしまいました。自宅からバスの停留場所までなかなかの暑さの中を歩き(朝9時頃のことです)、バスに乗車し9時半に出発したのですが、汗が止まらない止まらない・・・持参したお水を飲んだり脇の下をペットボトルで冷やしたりしましたが、途中からくらくらしてきてしまい。でもきっと、暑いのはバス停まで歩いてきた私だけなんだろうなあ、と思い、運転手さんに言えずにいました。

しばらくすると、吐き気と、手足の指先の痺れてきて、視界もぼやけてきて・・・ああ、もうあかん・・・と思いかけたのですが、途中で外気温もますます上がってきたのもあり、運転手さんが冷房を強めてくれました。すると、冷風がいい感じに私に直撃してくれて、一気に頭の熱が引いていきました。

呼吸も落ち着いてきて、安心したのか、一瞬強い睡魔がやってきて、3分くらいかな?グッと寝ちゃいました。

いやあ・・・怖かった。1年に1度ほど、まだ油断している初夏の頃にやらかしてしまうのですが、その度に「水じゃなくて塩分・ミネラル摂れるやつ持ち歩かないとなあ」と思うのでした。経口補水液とか、スポーツドリンクとか・・・あと最近はラムネタイプのタブレットなんかも売ってますよね。

それと、移動の際は時間に余裕を持って、一度腰をおろしてゆっくり落ち着いてから次の行動に移らないといけないなあと感じました。

無事にヴィネスパに着き、すぐに温泉には入らず、昼食を摂って身体に栄養回したほうがいいなと直感的に感じたので、レストランのオープン時間まで日陰に座ってゆっくり自然を眺めていました。

私、高校生の時に、夏休み限定で角田浜の海の家でアルバイトしていたので、このあたりはめちゃくちゃ懐かしいのですよねえ〜!あと、高校は英語科だったのですが、課外授業?でイングリッシュキャンプ?みたいなものにも参加したのですが、確かこのあたりでした。

落ち着く##

そよそよと風の音と、ぴよぴよと鳥の声が心地よかった♪

オープン時間になり、カーブドッチの敷地内にある薪小屋さんでランチをいただきました。クラフトビールを醸造しているブルワリーであり、自家製ハムやソーセージの工房でもあります。

もちろん、ビール!!!と言いたいところでしたが、さっき熱中症になりかけたばかりだったので、アルコールは控えておきました。(アルコールは分解に大量の水分を必要とするため、体内の水分が出ていってしまいます。)

とってもジューシーで美味しいメイン料理でした。ハムで隠れていますが、ザワークラウトと自家製ピクルスもおいしかった♪ゆっくり噛み締めながら食べていると、だんだん身体が本調子になってきたような気がしてきました!!よし、お風呂だぞ〜〜〜♪

ちなみに、エントランスのスモークツリーがめちゃくちゃ立派で、素敵でした!お花屋さんに行くと、どうしても惹かれてしまう植物の1つです^^

約4時間、施設内でゆっくりしました。ものすごいお天気だったので、中庭もこんな具合に最高に撮影できました(iPhone8まだまだいけるやろ?笑)

滞在中はスマホをあまり見ないようにして(完全には難しいのです・・・ネット予約が入ったりするとその予約確認などもしないといけないので・・・スマホというのはつくづく、1つの用事のつもりで触っても次から次へと通知が来てしまい、気が付くとずっと触ってしまうものです。意識して手放さないと!)、小説を読んでいました。

「いのちの停車場」・・・映画公開中らしいのですが、キャストがもう全員大好きすぎて(特に西田敏行さん、広瀬すずさん、石田ゆり子さんが好き💗)そのうち観にいこうと思っています。

地方の訪問診療医が、看護師と運転手(医学生がお手伝いとして)ともに様々な患者さんを訪れ、様々な生き方や命のかたち、看取りの現場で気付きを得ていくストーリーです。

私は新卒入社した会社では、福祉用具専門相談員という肩書きで、介護施設や在宅介護の現場を周り、手すりや歩行器、車イスや電動ベッドなどといった、介護を必要とする方の生活自立支援や介護者の介護負担支援を「福祉用具」「住環境リフォーム」という手段でサポートするお手伝いをしていたので、少しだけ、当時のお客様を思い出すこともあり・・・

改めて、この小説を読むことで、自分はどんな人生を送り、どんないのちの終わり方を迎えたいか?ということを考えるきっかけになりました。当時の職種と今を比べるとみんな全然違うと言うのですが、自分の中では全てがつながっています☺︎(ちなみにその会社は3年勤めた後に、イタリアンレストランのお店に転職しました。笑)

ということでですね、始まりは熱中症になりかけて大変な1日でしたが、最終的にはとーってもリラックスできた最高の休日となりました♪平日は空いていて、温泉もほぼ貸切状態でした。いやあ〜〜〜温泉っていうのはやっぱいいですね!!!地球からの贈り物そのものですからねえ♪次はお酒飲みますよっw

では、今回はこの辺で^^

ご予約はこちらから

ご予約は24時間即予約可能なHotpepperBeautyがおすすめ♪