猫ちゃんと精油【ちょっと注意が必要です】

猫ちゃんがいる家でアロマを使わないほうがいいと聞いたことはありませんか?

結論から言うと、猫がいる部屋では精油を使わない方が安全と言えます。アロマオイルがどのように猫に毒性があるのか、解明されていないことも多いからです。

精油を舐めたり、皮膚に精油付着した猫ちゃんが亡くなったり、アロマを日常的に使った部屋で一緒に住んでいた猫が血液検査で肝臓の値が高かった例も報告されています。

精油(エッセンシャルオイル)は、植物から抽出された純度100%のもののみを精油と呼び、アルコール等の不純物が混ざっていていてはいけません。100%天然植物由来の精油ですが、極度に濃縮されているため人間でも過剰な使用は危険です。

特に、猫の肝臓の代謝機能は犬や人間と少し異なるようです。肝臓の重要な働きのひとつに『解毒』があり、体にとって有害な物質を無害に変化させています。猫の肝臓には、重要な解毒機構の作用のうちのひとつが無いと言われています。

なぜなら、猫は人間や犬と食性が異なり、完全肉食動物だからなんだそうです。完全肉食動物とは「生きていくのに必ず肉(動物性タンパク質)が必要」という意味です。つまり人間のベジタリアンの方のように野菜と穀物だけでは生きていけないそうです。

猫によってはキャベツやレタスが好きな猫もいますし、安全な植物であれば食べても問題ありません。しかし精油には植物の有機化合物が何倍にも濃縮されているため、少量でも中毒を起こしやすいです。猫の1日の代謝能力を超えた精油を摂取し続けると体に溜まり、ある日突然症状が出ることもあるのです。

猫ちゃんを飼っていらっしゃる方も多くと思いますので、念のためお伝えしました(=^ェ^=)

アロマトリートメントを終え帰宅されましたら、猫ちゃんにお肌を直接舐められないよう、また、精油が溶け込んだお風呂のお湯などで猫ちゃんをシャンプーなどしないようにお気を付けくださいませ(=^ェ^=)

昔小学生のときに私も猫を飼っていました。アメリカンショートヘアーだったかな?その名は『くぅ』。

写真はフリー素材をお借りしてます

ある日突然いなくなりました。猫ちゃんって自分の最期を悟ると旅に出ると言いますよね。無事に天国に行けたかな…??

ふと、思い出が蘇りました…☆

ご予約はこちらから

ご予約は24時間即予約可能なHotpepperBeautyがおすすめ♪

次の記事

お問い合わせはこちら